社員研修は誰のため!社員が参加したい研修を企画する!

社員研修は社員が参加するもの

社員研修はあくまでも社員が参加するものです。社員が参加したくないと思えるような内容であれば行う必要はないかもしれません。ですので、社員が参加したいと思える社員研修を調査するといいでしょう。社員が望む研修と実施する側が考えている研修には、大きな隔たりがあることがあります。受ける側には受けたい理由があり、受けさせる側には受けさせたい理由があるから、そのようなギャップが生まれます。このギャップが埋まらないと、社員が参加したくない研修になってしまうのです。

役に立つスキルを提案する

社員研修で大事なのは社員が役に立つスキルを学べると認識できる社員研修にすることです。社員が役に立つと考えるスキルを学べるのであれば、研修にも力が入ります。社員が役に立たないと考えるようなものでは、参加はしても身にならない研修になってしまうのです。研修内容を精査するときにはそのようなことも必ず頭に入れておきます。社員が望むものであり、役立つスキルが学べる研修となるように心がけます。

社員研修へのモチベーションを高める

社員研修で大事なのは社員のやる気をどれだけ引き出せるかということです。研修の内容もそうですが、場所であったり、日程なども考慮する必要があります。仕事が忙しい時期に研修を入れられても、研修に身が入らないで仕事のことばかり気になります。そうなっては研修どころではありません。社員のモチベーションが高くなるように研修を調整します。社員研修は大事なものと社員に認識してもらうことも大事ですので、その点は徹底して伝えていくといいでしょう。

管理職研修は仕事の管理や部下の育成、リーダーシップ、業務改善など管理職に必要な役割を学ぶための研修のことです。