個人事業主が確定申告する方法!白色申告と青色申告どちらがいい?

個人事業主の確定申告とは?

個人事業主が納める税金は、所得税・消費税・住民税。個人事業税の4つです。これらの税金を納めるためには、確定申告が必要です。確定申告は前年の1月1日から12月31日までの収入から経費や各種ある控除などを引いて集計した結果を、確定申告書に記入して税務署に提出します。この提出した所得に基づいて、各種の税額が算出されます。

白色申告のにメリットはある?

確定申告をする方法には、白色申告と青色申告があります。2つのうち簡単に確定申告できるのが白色申告です。

白白申告は、単式簿記で記帳をすればいいので会計に特別な知識を必要としません。帳簿には、収入と支出を記入していくだけで済みます。また、青色申告のように事前の申請する必要もありません。青色申告の申請をしない場合は、白色申告をすることになります。

確定申告の労力が少なくて済むのが、白色申告の一番のメリットと言えるでしょう。

メリットの多い青色申告

一方青色申告は、基本的に複式簿記で記帳をしていきます。このため、簿記の知識が必要で、日々の記帳に若干手間がかかるのが青色申告です。

しかし、青色申告にはメリットも多く、特別控除で10万円ないし65万円の控除が受けられます。さらに、赤字の繰り越しも可能で、会社を手伝っている家族の給与も経費として計上できます。

青色申告への切り替えを検討してみてもいいのでは?

このように、白白申告は記帳が容易という点以外には、あまりメリットは感じられません。

最近は会計ソフトが数多く登場しており、簿記の知識がなくても複式簿記で記帳ができます。現在白色申告をしている人は、会計ソフトを導入して青色申告への切り替えを検討してみてもいいでしょう。青色申告で得られるメリットは、大きいものがあります。

白色申告とは、所得税及び法人税に関わる申告の中でも、青色申告ではない通常の納税申告のことを言います。