注文住宅は太陽光発電システムに最適な家づくりが出来ます

太陽光発電に最適な屋根について

太陽光発電は太陽エネルギーを電気エネルギーに変換するためのソーラーパネルを使う発電システムの総称です。

単に、屋根の上にソーラーパネルを取り付けるのではなく、太陽の光がソーラーパネルに当たるように設置する事が大切です。

太陽光発電は太陽エネルギーを100とした時、どれだけの電気を作り出す事が出来るのかを数値化する発電効率があります。

100の太陽エネルギーをそのまま発電するための条件は屋根の向きが南向き、傾斜角度が30度と言われています。

この条件が揃っている時に発電効率は最大値となるわけです。

一般的に北側の屋根は太陽光の照射率が低く、隣家への反射の問題がある事からも、設置場所から除外されます。

南に向いている片流れ屋根などのように、北側方向に下がっている屋根などの場合は、ソーラーパネルの設置が難しくなります。

太陽光発電にも最適な屋根を作れます

注文住宅の家づくりは間取りを自由に作る事が出来ますし、太陽光発電に最適な屋根を作る事も出来ます。

注文住宅は色々な意味において自由度が高いなどの特徴があるわけです。

すぐに太陽光発電を導入しない場合でも、将来的に発電システムを導入する事を考えて家づくりが出来るのも注文住宅の魅力と言えましょう。

ちなみに、既存の屋根にソーラーパネルを取り付ける時には、屋根のメンテナンスを行った後に施工するのがお勧めです。

屋根や住宅の外壁は自然の猛威により日々劣化を続けています。

定期的な屋根塗装や外壁塗装は家を守る事にも繋がって来るので、現在の屋根の劣化度合いなどに応じてソーラーパネルを設置する前に屋根塗装を行っておけば安心です。

太陽光発電の価格は、設置費用としては決して安くはありません。太陽光発電を設置する前に、売電による収入、ローンの返済、自治体の助成金等をしっかりと確認しましょう。