荷造りこそが重要!引越の片づけの秘策とは?

引越の片づけが大変になる原因

引越をして新天地での生活をしてもう数カ月になるのに、まだ開いたことがないダンボールがいくつも部屋の中に転がっているということはよくあります。必要なものがあったら適宜取り出していけば良いと思っているうちに月日が経ってしまい、必要なものがあっても探すのが面倒で買ってきてしまうということすらあるでしょう。引越の片づけが大変になる原因は引越の手配をするときも、引越をしてからも時間があまりないことです。仕事をしているときには特に切実であり、時間の合間を縫って荷造りをしているとあまり整理整頓をしている余裕がありません。そして、引越を終えてからもあまりまとまった時間が取れなくてダンボールをそのまま放置してしまうことが多いのです。

荷造りに時間をかけて問題解消

引越の片づけをしっかりと行えるようにするには荷造りに時間をかけることが肝心です。予め内容物がはっきりとわかるようにダンボール詰めをしていき、不要なものは全て処分してしまっていると片づけは簡単になります。特に時間がないと全部持っていけば良いと考えてダンボールに詰め込んでしまうことがよくありますが、不要なものを処分してしまわないと必要なものも見つからなくなってしまうのです。引越が決まってから当面は不要なものを選び出して適宜処分していくのを心がけるのが重要になります。そして、ダンボールに詰めるときにはリストを用意して、中に何が入っているかをリストを見ればわかるようにしておけば良いのです。

壊れてしまった電化製品や使わなくなった家具などのいらなくなったものを処分することを不用品の回収と言います