客観的に分析すれば面接の時に役に立つ!就職活動に必要不可欠な適性検査

自分に合った職場を探す

就職活動をしていると、職業訓練校や大学、高校などで適性検査を受けさせられることがあります。適性検査は自分を客観的に見るのと、どのような考えを日ごろから持っているのかを知るのに重要なのです。就職してからこの会社は自分に合わなかったといって入社後すぐに辞めていく人がいますが、適性検査をしていれば防げたかもしれないのです。適性検査の項目は多肢に渡り、IQや偏差値、性格、状況判断などのテストを行い、どういった職業が向いてるのか就職する前に知ることができるのです。進学するときもどういった学校に入ればいいのか、適性検査を行うこともあります。

人事は適正検査の結果を知りたがっている

昔は適性検査というものはありませんでした。面接する時は履歴書だけでも良かった時代がありましが、次第に履歴書と職務経歴書が必要になり、今では適性検査も合わせて行うのが一般的になってきています。適性検査の結果を一番知りたがっているのは人事です。その人がどういう能力を持っているのか、集団行動となったときに周りの人と一緒にやっていけるのかを知りたいわけです。適性検査のデータがあれば面接ではわからない部分を可視化していけるので、公平に見ていきながら選考できます。適性検査を実施する会社と実施しない会社がありますが、面接を受ける前に自分でも適性検査をしておくと客観的に分析できます。採点してからレーダーグラフに表せば、きちんとした五角形になっているのか、極端に乱れているのかわかってくるので、就職活動のときに役立てられます。

企業などの入社試験で課せられる適性検査の中でも代表的なものにクレペリン検査が挙げられ、これは隣り合う数字を足して下1ケタの数字を書いていく検査で、性格や行動など特徴を検査します。