商品の売れ行きは宣伝で決まる?音声POPの上手な活用法を学ぼう!

店頭に音声POPを置く利点と扱う際の注意点

音声POPは小型の再生機器を使用した広告媒体の一種で、主に店内の陳列棚やレジ横などに置くことで商品やサービスの宣伝を効果的に行うことが出来る特徴があります。従来の立て看板やポスターとは異なり、音声で宣伝内容を伝えるので注目されやすい利点がある他、場所を取らないので置き場所を工夫出来るのが広く普及した要因です。また、小型のディスプレイと併用して音声付き動画を映すPOPも開発されているので、より高い宣伝効果を得ることが出来ます。その一方で音声POPは電気で作動するので電源の確保が必要です。特に電池式の音声POPは電池切れにならないように定期的な点検を行うことが重要になります。同じ宣伝内容を繰り返し流すことから場合によっては店内が騒がしくなってしまう可能性があるので、音量の調節にも気を配ることが大切です。

店内の宣伝媒体を音声POPに切り替える際のポイント

音声POPは高い宣伝効果がある反面、複数の機器を同時に使うとお互いに音声を阻害してしまい、却って宣伝効果が低下する欠点があります。店内の広告媒体を音声POPと交換する際は売り場面積を考慮したうえで、特に売り上げを伸ばしたい物の広告を優先して変更するのが効果的に宣伝するための工夫です。また、チラシやポスターなど、従来の宣伝媒体と併用することでより効果的な宣伝を行うことが可能なので、業種や製品の特長を踏まえて慎重に判断することを心がけます。

音声POPを導入することで常に店内に声や音楽が流れ、賑やかな雰囲気を演出することが出来ます。照明の交換などと組み合わせることで明るい雰囲気になるので、売り上げの向上に繋げることが可能です。

音声POPを作る場合、声や音の素材がはっきりと聞こえるようにすることが大切です。また、ノイズや雑音が入らないように注意しましょう。